@font-your-faceモジュール

Drupal6全盛期の頃、WEBサイトの文字をフォントも含めて装飾するために、SightWriterというモジュールを使っていました。

https://www.drupal.org/project/signwriter

よくできたモジュールで、フォント、前景色、背景色、影などを設定すると、テキストが設定に基づき画像に置き換わるというモジュールです。汎用性が高い点として、タイトルやメニューなどの他に、プロフィール設定の項目に置き換え用の正規表現を設定することで、フォーマットのフィルターとして利用できるようになり文字として入力したコンテンツを自由に彩ることが出来ました。

そんなSignWriterですが、Drupal7になり途中まで移植されたものの、Webフォントが流行る昨今、@font-your-faceに取って代わってしまったようです。

https://www.drupal.org/project/fontyourface

その@font-your-faceですが、様々なWebFontプロバイダーに対応しているのはもちろんのことアップロードしたフォントにも対応し、CSSセレクターを指定した置き換えにも対応し
ています。

利用方法も簡単で、
/admin/config/user-interface/fontyourface
からグローバルの設定。

/admin/config/user-interface/fontyourface/local_fonts
からフォントのアップロードが可能です。

/admin/appearance/fontyourface
では、フォントブラウザーから利用するフォントの設定。
そしてフォントの利用先の設定が行えます。

故(ふる)きを温ねて新しきを知れば、以て師となるべし。

全ての創造的な行為は模倣に端を発する。新世紀のクリエイターこそ本物の古典(クラシック)に通じていなければならない。

http://matome.naver.jp/odai/2136819783259619101
FGレトロのテスト

Published: